ちちのひ

2014年1月に父を自死で亡くしました。

すなお

自分が変われば

努力して何かをしたり考えなかったりすれば

自然と色々上手く行って自分も周りも皆笑顔になれて幸せになれる、という勘違いを今日まで続けてました。

こんばんは、私。お疲れ様。


例えば友達が皆去って行く。

それが辛くてもっと頑張ってもっといつもニコニコして気を遣ってもっと本音を隠していた。

そんなロボみたいな生きてるか死んでるか分からない人間と友達になりたい人なんて居るわけない。

当たり前の今。

それをなんでだろう何が悪いんだろうとずっとぐるぐるしてた。

それが何か今日突然分かってしまった。


素直になれば良かったんだ。


笑えない日は笑わない。

何も言いたくない時は黙ったままで居る。

ムカついたらなんでそんなこと言うの?と言ってみる。


そんな事すら全く出来てなかった。

そりゃ辛いわな。

辛くて辛くて死んだ方が楽かもって思っちゃうよね。

ゾンビだね。

死にたいのに死ねずに他人の脳味噌を求めて徘徊する。

何もせずにじっと横たわってた方が死体には楽だよ。

それが分からずに楽になれる場所を探し回ってた。

しんどかった。


素直になれば良いだけ。ただそれだけ。

楽しくなれない自分を認めてあげる。許してあげる。

許すよ。良いよ笑えなくて。面白いこと言えなくて良い。気まずい空気を漂わせても良い。元気ないね、って言われたらそうなんですよ~って言って良い。大丈夫じゃないです〜って言って良い。いちいちLINEスタンプ面白いの探して送らなくて良い。


普通でいい。


常にニコニコして穏やかな気持ちで居続けるなんて無理。だって生きてるから。

死体でも、ゾンビでもなく生きてるから。

だから辛くて当たり前、しんどくて当然、悩んで当然。

それは無くなることはない。

ただ受け止めるだけ。

確かめればよい。

そうしたらなんか無理矢理逆方向へ舵を切ろうとするよりかは全然楽。

それで笑顔が増えるとか幸せで居れるとかではなくても、これで良いと思える事の心地良さ。軽やかさ。


今日もいつも通りとても鬱ぐ一日だったけど、ちょっとだけ何かが見えて良かった。




にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自死遺族へ
にほんブログ村