ちちのひ

2014年1月に父を自死で亡くしました。

ひとり

ひとりの休日程落ち込む物は無いな。

自分がいかに空っぽで何者でもないか、誰にも求められていないかを痛感する。

そんな時に限って気管にお茶が詰まるよね。


だけど空っぽだと色んな人の感情があっさり入って簡単に浸透するからちょっとしたテレビ見るだけで信じられないぐらい泣けたりする。お得デトックス。

じいさんが農作物について喋ってるの見ただけで泣ける。

いいね、生きててかわいいね、良かったね、あと100年生きて欲しい。

仕事中もたまにかわいいばあちゃんがやって来て嬉しそうに笑ってくれたりすると本当に涙で前が見えなくなる。ずっと生きてて欲しい。

同時にこんなかわいいお年寄りにはなれないんだろうなと自分に絶望する。

かわいい人は皆素直でとってもパカッと笑う。それに恥じらう。

自分はもうそんな風には笑えないし恥もプライドも何も無くなってしまった。

日毎一日ずつ確実に心が死んで冷たくなって行くのが分かる。

なのに脳は勝手にぐるぐるびゅんびゅんするからゾンビになる。

ゾンビは辛い。

永遠に満たされずに歩き続ける。

例え足の肉が擦れて崩れ落ちて痛くても、それよりも飢餓感の方が勝るから。

差し伸べられた手に齧り付いて食い殺す。

そしてまたひとり。